おやじ製鉄日記 - 下流社会で孤独に戦う男の愚痴ブログ

おやじ製鉄のおやじの日記。日頃の愚痴をクドクドと書き綴っていた下流社会で戦う男のブログ

2007年05月

諸行無常の響き有り、おやじだ。

木曜日。
いつものごとく激務から、なんとか帰還。
後何年…いや、後何日もつ事やら…。

帰宅後、なんとなくパソコンに向かう気にもなれず部屋でゴロゴロする。
ゴロゴロと30分ぐらいしている内に日付が変わる。
日付が変わってもゴロゴロ。

寝て起きたらまた同じ一日が始まる。
もうちょっと、安定感のある一日なら全然繰り返しでOKだが、明日どうなるかわからない毎日は嫌だ。
嫌だ…嫌なんだってば…。

バイトの面接落ちるわ
派遣から全然連絡来ないわ
書類選考の返事は来ないわ
資格とる金と時間と知能はないわ
職場は気まずいわ

あぁ~数え上げたらキリがない。
そんな感じでグダグダ考えながら、なにも答えが出せないまま就寝。

最近パソコンから遠ざかり気味、おやじだ。
…携帯で更新出来るように準備だけはしてある。

水曜日。
なんかこう…全然別世界の求人を見てみようかな。
そう思い検索条件から職種をはずして捜してみる。

特にコレといってピンとくるものがない。
というか、完全に情報不足だ。

経験のない業種の求人は、どの程度キツイ所か全然わからない。
え~と…ん~と…
なにかないか?。
なにか目新しいものはないのか!?。
…………んん!?。

僧侶(急募)

そ…僧侶!?。
ハローワァアアーーーーク!!。
コレって跡取りが引き継ぐモンじゃないのか?。
それとも俺が想像している僧侶とは違うのか?。
なにか手からホイミ的なものが出る仕事なのか?。
あぁぁぁ~やっぱりサッパリわからん!!。

もう何も考えずに一日中、布団の中で寝ていたい気分だ。
そういうワケにも…イカンわなぁ~俺の場合…。
はぁああぁあ~。

いつも何かに命乞い、おやじだ。

火曜日。
いくら面接を申し込んでもメール選考でアウト。
もしくは自動返信。
しかも自動返信の内容は「書類選考するから履歴書送れ」だったりする。
じゃあ、この求人サイトに入力した文字はなんなんだよ。
不満に思いつつも履歴書を投函。
…………そして放置。
これの繰り返し。

この一連の無意味な儀式で3週間は無駄になる。
ダメだ。
今より条件が良い所は問答無用で落ちまくる。
面接してないんだから、真の意味で「問答無用」だ。
もしコレが完全無職の状態でずっと続いたら…そう思うだけで気が重い。

職場の人間関係も微妙だ。
全体的な感じでは
「給料日後、Oは辞めるだろう」的な感じだったんじゃないだろうか?。
直接聞いたワケじゃないが、今まで辞めていった人達は、みんなそんな感じのタイミングでいなくなる。

だが、俺はまだいる。
次が…次が決まるまでは辞めるワケにはいかないんだよぉ!!。

いつもとなんら変わらない日々は、まだまだ続くようだ。

大貧乏人だよ!おやじだ。

月曜日。
いつも通り働く。
微妙な空気は無視して、雑談に持ち込もうとするがぎこちない。
誰もそうは思っていないかもしれないが、自分がぎこちなくしゃべっている気がする。
もう、それだけで気持ちが疲弊する。
こういう微妙な空気、苦手なんだよ。

………まぁ、得意な空気もないんだが。

比較的、はやめに帰宅。
この時期に終電が続きまくってたまるかぃ。
俺は転職活動しなきゃならんのだ。
いくらも時間ないケド、やらないよりマシだ。

やっても無駄だという考えは、とりあえず横に置いておく。
求人検索中もたまにチラ見しちまうが、とりあえずはとりあえずだ。
検索し疲れて、気分転換に日記を書く。
あ~、日記書いている間に、日付が変わっちまったよ。

というワケで、まだループ状態。
雨のち雨って感じが無限のように続く。

パーフェクト物理学に驚愕する、おやじだ。
重い方が先に落ちるのか…ロビンマスク。

日曜日。
「自分で自分を追い込みまくっても、身動きとれなくなるだけだなぁ」
俺は車が急に来たときの猫と同じだな。
ピンチなのにピタッと止まっちまう。

…とかなんとか思いつつ買い物。
ひさびさにエロDVD屋による。
結構わかりにくい場所だが、安くて品揃えが良い。
ところが店に入ってみて驚く。

店内に女の子が立っていた

え…?えっと…。
これはどういう状況だ?。
ここは女の子が来るようなDVD屋じゃないぞ…??。
このエロDVD屋はウラウラベッカンコー専門店だ。
店内には女性のアレがビッシリ。
試し見用のパソコンからは大音量のあえぎ声。
絶対女の子が来る所じゃない。

出来るだけ平静を装いつつ女の子の前を通過。
出来るだけ自然に…自然に…。
ものすごく気を使いながら通過。
その後、ちょっと女の子が気になりつつも、良いエロDVDがないか捜す。

しばらくして入り口付近で女の子が誰かとしゃべっている。

女の子「ねぇ…まだなの…?」
男「今、番号渡してきたから」
パソコン「あぁーーん!!あーん!ああぁあーーん!!」
女の子「はずかしぃよぅ」
男「もうちょっと辛抱しろ」
パソコン「あぁーん!!いくぅいくぅ!ああぁあーーん!!」
女の子「ねぇ…まだぁ?」
男「辛抱しろ」
パソコン「だめぇ!!いくぅ!あぁあん!!いくぅいくぅ!」

………シュールだ。

これは完全に彼氏の趣味だな。
羞恥プレイというヤツだ。
昔、会社帰りに俺の方を向いて乳を揉むカップルがいたが…アレと同じだな。
くそっ、俺をプレイの一環に使うな。
というか、物凄く買いにくいぞ。

それにしても同じ日曜日でも、人によっては過ごし方が全然違うなぁ。

なんっっっっかムズムズする、おやじだ。

社内での人間関係…。
特に上の方との微妙な距離感がなんともいえない。

「辞めるんだろ?」
「次決まっているのか?」
「いつ退職するんだ?」

あぁぁあぁ!!。
ちょっと前までなら雑談中に気楽に「キツイからって辞めるんじゃねぇだろうなぁ」と冗談っぽく聞かれていた。
今は雑談で一切「辞める」「辞めない」の話題が出ない!!。
うわっ!。
ききき…緊張する。
ベテランの人と会話するとき緊張する!。
その俺から出る空気で「あぁ…コイツやっぱり辞めるんだ」的な感じになる。

うぅううう…
ひょおおぉおぉおおおーーーー!!。

たまらん。
小休憩が全然休憩にならない。
むしろ働いている方が気分が楽だ。
でも、ぶっ続けでやると体がもたない。

そんな空気の中、深夜まで働く。
もう、なにがなんだかわからん。

大声を出したい。
カラオケで大声で歌いたい。
でも体がキツイから、やっぱり寝る事にする。

救っえ~る、救っえ~る、救っえ~る、おやじだ。

金曜日。
なんとも嫌な攻撃がはじまった。
いや、ネット上じゃなくて現実の職場の方で。

まぁ、このぐらいの社内でのゴタゴタは結構平気だ。
それより得意先の営業の高圧的な指示の出し方はなんとかならんのだろうか?。

「こっちにはこっちのペース配分ってのがあるんだよ!」
「おまえの言う事聞いていたら、全員倒れちまうよ!」

心の中で叫ぶ。
でも顔はニコニコ。
「へい、わかりやした!!」って感じで、文句一つ言わずに動きまくる。
こんなノリをもうずっとやっている。

さて、社内のゴタゴタだが…どーしたモンか。
そろそろケリをつけないといけない。
いけないようにもっていたのは俺だが。
お上に逆らったんだから仕方ない。
一度でも逆らえば、今まで寝ずに働き続けた評価はゼロになる。
それが底辺。
従業員は全員使い捨て。
それが底辺。
社長の血縁者だけは楽して裕福。
それが底辺。

お金お金お金…。
お金がなけりゃ何も出来ない。
面接にすら行けない。
履歴書の写真もとれない。
金を得るには金がいる。

お金、おっかねぇえええぇええーーーーー!!。

む…たまには「おやじギャグ」書いても良いじゃないか。
タイトルにおやじってあるんだから。

今日もその場の思いつきだけで日記書いている。

「ダウンタウン松本さんがカンヌにいる頃、リンカーンメンバーが同じカンヌで相方の浜田さんの誕生日会をやっていた」というデマに翻弄される、おやじだ。

木曜日。
熱い。
職場が熱い。
気持ちとかじゃなくて、本当に灼熱。

社長に向かって
「何人殺した!?何人死んだ!?」
(なんのセリフだったか忘れた)
…と心の中で問いつめつつ働く。

帰宅。
靴を脱いで大の字。
あー、どうしよう…。
書類選考の返事来ねぇ~なぁ。
今日は来ているかなぁ。
明日なら来ているかなぁ。
返事が来ても不採用通知なら、意味ねぇんだよなぁ。
意味のない思考を繰り返しながら天井を見つめる。

心なしか天井が回っている気がする。
あぁ~気持ちいいなぁ~。
コレ、ずっと続けたら幽体離脱出来そう。
そーいや、どこかのサイトに幽体離脱で遊ぶサイトがあったなぁ。
あれって、こういう感じかもしれない。
でも、体が疲弊している状態で幽体離脱はヤヴァイ気がする。
やめておこう。

体をおこす。
パソコンに向かう。
日記を書く。

そして日付が変わる。

Boo! Bee! Boo Bee MAGIC~、おやじだ。

ブログがある程度続くと必ずといっていい程見かけるコメントがある。

公開しているんだから、中傷されて当たり前。
当然の報い。

ニュアンスの違いはあるケド、この手の書き込みをコメント欄で見かける事が多い。
ん~、どうなんだろうか?。
ネットで日記書いている人が全員が全員
「どんな人間でも構わないから構ってくれ」
「さぁ、俺を傷つけて下さい」
って気持ちで書いているんだろうか?。

そういう人もいるんだろうけど、違う人もいる気がする。
「中傷されて当たり前」って感覚は加害者側の意見って気がする。

俺が歩いている道なんだから、俺に刺されて当たり前。
内気なんだから、俺にいじめられて当たり前。
あんな露出度の高い服着ているんだから、俺にレイプされて当たり前。

この感覚は危険な気がする。
ネット上だけに封印出来るなら構わない。
しかし人間って、そんなに便利なしくみなんだろうか?。
なにかしらの形で現実世界の自分に影響が出ているんじゃないだろうか?。

…とまぁ、珍しくほんの少し小難しく書いてみた(つもりだ)が、俺は別にどこぞのお偉い先生でもなんでもない。
ネット中傷中毒(←?)な人を、どうこうするつもりはない。
もちろん、そんな力もない。
じゃあ、何が言いたいんだ?と問われると…

俺の日記はただ愚痴。
中傷する価値もない、グダグダ辺境ブログ。
文才のない、ただの貧乏中年の世迷い言。

あまり熱くならず、軽く読んでいただけるとありがたいという感じです。

愚…愚痴をこぼしたい…おやじだ。

火曜日。
疲弊しまくった。
ゲッソリ。

みんな、なんの為に働いているんだろうか?。
俺は生きる為だが…。
じゃあ「なんの為に生きているか?」
…と考えると耳から煙が出まくるので、考えない事にする。

とりあえず体と心のケアをしないと。
まだ底辺生活は続くんだから。

知人に数通、携帯に愚痴メールを送る。
ネットをブラブラした後、返信を読む。
俺の知人だけあって、みんな似たりよったりの労働条件。
でも、俺よりは覇気が感じられる。
メールの文章から元気さが感じられる。
まぁ、知人同士の見栄の張り合いって所もあるが。

やっぱ同級生とかと仕事の話をすると、若干見栄を張りたくなる。
結構短い間隔で会っている知人なら、そんな事ないんだが。
会うのが半年に1回ぐらいで、後はほとんどメールのみの同級生となると…やっぱり見栄を張っちまうんだよなぁ。
なんなんだろうか?。
後で考えると、そんな事しても意味ない事に気づくんだが。

…という内容の愚痴メールを知人の携帯に送るのも変な気がするから、ここに書く。

↑このページのトップヘ