おやじ製鉄日記 - 下流社会で孤独に戦う男の愚痴ブログ

おやじ製鉄のおやじの日記。日頃の愚痴をクドクドと書き綴っていた下流社会で戦う男のブログ

2017年01月

う~、ワンワンワーン、おやじだ。
う~、チンチンチーン。

犬人間が舌ビローン。
自撮りで舌ビローン。
カップル犬人間が舌ビローン。

ビローン。
ビローン。
ビローン。

か…かわいいか?これ。
そもそも、なんなんだ、これ。
顔隠れてて、思い出にもなんねーし。
こんなもん嘘だし、合成だし。

色々な犬人間ズラッと並んでるの見ると
とてもじゃないが、かわいいとは…
むしろ…

こんなモン
思い出とか記録とか
そーゆーモンでもないか。
かわいいから、面白いからとか

バシャバシャ撮りまくって
変化ほしくなった感じか。
アクセントだな。

あと、流行っているからか。

なんで流行ってんんだ?
…歳だな。

どないもこないも、おやじだ。

今日分のペッカペカ作戦完了~。
いたたたた…

昨日は結構
やりたい事出来た。
今日は、思ったほど達成していないなぁ。

ま、まだ時間あるが

あっち先やるか
こっち先考えるか
そっち先調べるか

ん~、一段落!
というワケで炒め物作りながら
コレ更新。

ん~
どっから、いくかなぁ~。
イカン、イカン。
考えてたら一段落にならん。

そんな感じだ。
明日は何が襲ってくるのやら…

はぁ
いつまで続くんだ。
この状況。

おっと、また…
いったん、リセットしよ。

どつぼにはまって、ドッピンシャン、おやじだ。

今日分のペッカペカ計画完了。

さて
ネット上でやりたい事~
今日は少し実行出来た。
まーだまだ、あんだけど
それは、これ書き終わってからやるとして…

現実の状況の方だなぁ~。
これ、なんとかせんと。
遠回りや、DQNの戦いで
もう、まったく思うように進まず…

おまけに体のアチコチ
不具合続出。
まあ、どっか痛めたりとか
どっか切ったり、打ち付けたりとか
そんなのばっかだけどな。

抵抗力、落ちてんだろうなぁ。
色々と。

さーて、色々やってくかぁ。

…。
ネット上で色々やってるときは忘れられるが
どーなんのかねぇ、俺。

現人鬼、おやじだ。
この掌が救済つかまつる。

若き日の母。
ガキの頃の俺。

一緒に住んでいた頃聞いた
両親から聞いた昔話。
DQNとの戦い。

性器を破壊されたM子。
裁判になった知人T。
DQNの犠牲者。

俺は、そういったノリ
DQNと呼ばれる人種の多い職種。
俺は避けてきた。

なぜか。

まず敵わない。
単体でも敵わない上、奴らは徒党を組んでいる事が多い。

次に平穏な自分を失わないため。
DQNは最初にアップをかましてくる。
そのアップという行為自体が許せない。

あいつらの地雷は示威的な事が多い。
アップの為に、わざとキレてみせたりする。
世界で一番偉いと思い込んでいる奴もいるかもしれん。
他にもあるが、キレるのはデフォだ。
個体差はある。

恐怖心と許せないという憎悪。
最近、紆余曲折を経て、DQNに関わる事が多くなった。
多くなったといっても、以前と比べてだ。
DQN達の巣は、もっと奥にある。
DQNの巣と化した職場だと、俺は一日も、もたないだろう。

母は女という事もあって敵わなかった。
もちろん、そういった輩と
うまく付き合う事の出来る者もいる。
母は違った。
たぶん俺も違う。

なぜ、目に見えない何か様は
この状況を用意したのか。

復讐を果たす為だろうか。
俺にそれが実行出来るだろうか。
あまりに無力だ。

DQNがトイレに、こびりついたウンカスだとすれば
それは掃除しなければならない。
誰かが、そぎ落とさねばならない。

状況の打破が、かなり困難な今。
若き日の母の苦悩が
M子や知人Tの犠牲が

俺に何かを訴えている。

絶望の時、おやじだ。

破滅した。
…と思っていたが
それは序章だったのか。

もし、今後平穏も平和も手に入らない
血で血を洗うDQMとの戦いの日々が続くなら

苦しみは短い方がいい。
俺はガンになったら痛み止めを使いたい派だ。

どうにかしようとしても
徹底的に叩き潰され続け
かといって打開出来るような
受け入れてくれる世界はどこにもなく

不安と絶望と恐怖。
平穏とは、ほど遠い。

結局、みんな…
いや、やめておこう。
世の中を否定して自分を肯定する作業をした所で
なんか意味があるのかと

ねぇわな。

取り返しのつかない状況は
とっくに過ぎ
それでも破滅の音は続いていく。

色々、買い足したい、おやじだ

携帯が動かない。
正確には超クソ重い。
色々試したが
起動直後の数秒は動く。

起動
数秒動く間にアンインストール、ポチ。
激重の中、アンインストール完了。
再起動。
数秒動く間にアンインストール、ポチ。
激重の中、アンインストール完了。
再起動。
数秒動く間にアンインストール、ポチ。
激重の中、アンインストール完了。
再起動。

…。
直らない。
SDカード抜く。
wifi切断。

…。
駄目だ!。
やっぱ糞重い。

ここにきて壊れるかねぇ。
しかも全然修復しない。

はぁ~。
買い替え時か。
まーた、余計な出費かよ。

もうガンガン出費していこうか。
そーしろって、何かが言ってんのか。

携帯の修復なんかに
そんなに時間かけねーぞ。

…でも、まぁ
もうちょっと再起動とアンインストール
繰り返してみるか。

DQNの世界。
DQNの相手は大変だ。

まず罠にはハマらなければならない。
仕掛けてくる事自体
誰が得をするんだと、馬鹿げた気持ちになる。

…あ、これたぶん

しかし
気持ちを小学生のいじめられっこにもっていって
慰み者として、生きなければならない。

例えば
湯沸かし器ポットの蒸気口から
蒸気が出ていたとする。
DQN「蒸気が熱いかどうか触れ!」
と言ってくるのである。

これを拒むと、よりひどい
巧妙でダメージの大きな
次の罠が用意される。
生意気だからだ。
蒸気を触って火傷しなければならない。

そして、その結果を見て
俺には罵声を浴びせ
仲間には
「あいつは蒸気が熱いのも、わからない馬鹿」
として、あざけ笑う。
見下し優越感に浸る。

そういった世界を
DQN達は脈々と受け継ぎ守っているってぇワケだ。

不運が重なり
偶然ではあるが
そういったノリを体感する状況となった。

そして、改めてわかった。
やはり、父も母も犠牲者だったんだと。
母は特に色々とつらい目に合ってきたんだと。

ガキんときは、全然気付かなかったが…

若き日の、母は…
DQNが多い、一業界を憎んでいた。
うらんでいたんだ。

俺にはわかる。
憎悪と嫌悪と恐怖と絶望。

俺が産まれてこなければ
父も母も違う業界に生きて
もっと幸せになっていたかもしれん。

背徳の咎、おやじだ。

母を苦しめたもの…
ああ、これか。
こいつらだ。
母が苦しめた人種達。

職業柄
父は、もっと戦ってきただろう。
想像するだけで、つらい世界だ。

大昔…思い出した。
元自衛隊のV氏。
友人Tを待ち伏せして脅迫した。
友人Tと裁判になった。
長期に渡る裁判で、弁護士費用で嘆いていた。

M子の性器を破壊した元彼はDQNだ。
M子は、そいつと別れて10年近くになる。
それでも性器を破壊した相手を想い、求め
人生を棒に振り続けている。

俺は、そういった連中に
ぶち当たらない選択肢を続けていた。
職探しにしても、そうだった。

ある日。
雨の日。7月。
破滅寸前まで追い込まれ
いつの間にか、そういった連中と相対する状況になった。
それが現在の状況だ。

母を苦しめた元凶。
父が戦ってきた相手。
友人Tを脅迫した奴ら。
M子を破壊した連中。

なぜ、こんな状況を用意したのか。

憎いのか?
恐怖?憎悪?逃避?恨み?嫌悪?
今の、この感覚を、どう表現すればいいのか。

いや、俺がどう感じ、どう思おうが
潰せるような連中じゃない。

ただ…このままだと
何度も、こんな感覚になる。
もたない…ように思う。

母のように…
友人知人達のように…
俺も犠牲になるだけなのだろうか。

変身!とう!おやじだ。

あちこちのカードの
ポイントの整頓。

コレは、あのポイントに交換出来て
このポイントは、こっちの方が…

このポイントを、こっちにするには…
これに入会すればいいのか。
あれ…年会費いんの、コレ!?
あー、それなら、こっち経由…

も~、面倒だな。
一ヶ所にまとめたいのに。
たかだか数ポイントの事でぇ~

でも、今後の事も考えると
流れ決めといた方がいいのか。
う~ん。

もうちょい調べてみるか。

ポイント専門でひとまとめに出来る所もあるんだがな。
微妙に何ポイントか、とりやがる。
…それは仕方ない事か。
そーゆーサービスだし。

手間の割に、いまいちだなぁ。
くまなくポイント活かそうと思ったんだが…

あと、なんのポイント
残したままだったかな。
コンビニ関係見ていくか。

過去ログ検索、おやじだ。

部屋ペッカペカ処理完了。
床以外にも、壁少しやった。

疲れた。

なんか食パン、ガンガン食っちまう。
買いたてだと、何もついてなくてもウマい。
日がたつと、カチカチになっていて
なんかつけないと、食いにくいケドな。

あー
色々なカードのポイント整頓な。
やんなきゃな。
でも、今日はもういいか。
とりあえず、ちょっと休む。

はぁ…。
心身いつになったら、フルで回復すんのか。
もう一生、苦しいままなのか。

10年ぐらい前なら、休み丸一日
爆睡したら、全てリセットさせれたんだケドな。
この歳じゃ、それも無理か。

ハードディスクは結構整頓出来た。
ありがとよ、Googleドライブさん、Googleフォトさん。

休む。

↑このページのトップヘ