おやじ製鉄日記 - 下流社会で孤独に戦う男の愚痴ブログ

おやじ製鉄のおやじの日記。日頃の愚痴をクドクドと書き綴っていた下流社会で戦う男のブログ

知人T

週末派遣バイトから帰宅して、本社への報告をした直後、おやじだ。

知人Tと爆弾野郎V氏の戦いが、またはじまろうとしているらしい。
一度はフェードアウトすると思っていたのに。

知人Tには弟がいる。
車関係の保険の会社に勤めている。
その保険にV氏が入っていたらしい。
知人T弟は知人TとV氏のゴタゴタをあまり知らされていなかった。
何も知らずに、保険の契約更新の確認の電話を入れる、知人T弟。
留守電にメッセージを残す。

そして…だ。

その日のうちに、知人T弟の会社に電話がかかってきたらしい。
電話の内容はこうだ。

俺はあんたの兄貴に、金を騙しとられた。
あー、他にも色々騙された。
○○警察や俺の良く知る弁護士も、告訴は通るし有罪になると言っている。
それは胸を張って言えると言っている。
それにしても、あんたの会社さ。
犯罪者のいる家族をよく雇っているな。
犯罪者のいる家族の会社の保険なんか、かけれない。
あんたの兄貴は有罪になるからな。
よ~く、覚えておいて。

こんな感じだったらしい。
犯罪者のいる家族の会社の保険……って長いわぁっ!!。
全っっっっっっ然、関係ない!!!。
家族は全然関係ないって。
いやいや…そもそも知人T、なにもやってないし。
だいたい、おまえが暴れたんだろうが!。
理屈ムチャクチャ。

…って、ツッコミ所満載だが、通用しないだろうな。
自分でどう思っているんだろうか。
ワザとか?。
ワザとメチャクチャな理屈言って、楽しんでいるのか?。

知人Tは弟にV氏とのゴタゴタを隠していたのはミスだと思う。
でもな。
V氏もやっちゃったと思うぞ、今回の電話は。
知人T弟次第だが、解決するかもしれないと俺は思っている。

明日の週末派遣バイトの準備の合間に日記更新、おやじだ。

昨日、V氏再始動したという内容のメールが知人Tからきた。
少しずつ、状況を聞き出す。
一度俺側から、電話したが「とにかく落ち着いてからメールしてくれ」ぐらいしか言えなかった。
とてもじゃないが、ちゃんと説明出来る状態じゃなかった。
しばらくしてメールが来る。
次第に状況がハッキリしてきた。

知人Tのミスだ。
これは完全に知人Tのミス!。
なにしてんだよ。

知人Tには弟がいる。
知人T弟は、あまり知人TとV氏のゴタゴタをあまり知らない。
ちょっと前にケンカした程度の認識だったんだろうか?。
とにかく把握していなかった。

知人T弟は、車関係の保険会社に勤めている。
その日はある人物の保険の更新日だったらしい。

そのある人物とはV氏。

あぁああぁあーーーー!、もう!!。
兄貴としての立場もあるだろうが、弟に全部説明しておけよ!!。
さらに俺にもだ!。
V氏が知人T弟の会社の保険に入っているなんて、聞いてなかったぞ。
「なにか隠してないか?言い忘れていないか?」って何度も何度も確認しただろうが!。
あ~、くそっ。

知人TとV氏が、まだ仲が良かった頃。
V氏は知人T弟の会社の保険に入ったらしい。

知人T弟、V氏の携帯に保険の更新関係の電話をする。
留守電。
保険の更新についてのメッセージを残す。

金の為に友情を売った知人T。
(↑あくまでV氏目線ね)
その弟から留守電メッセージ。
保険の事だ。
金の事だ。

…そりゃ、スイッチ入るって。
俺の予想では、フェードアウトしかかっていたのに。

スイッチ入ったV氏の行動は、もうちょっと聞いてから書く予定。
その前に知人Tに苦言メール。

ひぃいぃいぃいいーーーーーーー!!、おやじだ。

きやがった。
やりやがった。
やっぱり、この手の人種は簡単にはフェードアウトしない。
思い通りにならなくて、すんごい頭にきているアレが。
実際には会った事ないが、あの化け物が動き出した。

V氏だ。
ヤツが次の手を打ってきた。
※V氏について知りたい人がいましたら、5月1日の記事からか、カテゴリー「法律」を読んでみて下さい。

今日の夕方、知人Tからメールが来ていた事に気がつく。
お…どうしたんだ。
読んでみる。

………………………。

なんてこった。
「こういうヤツは、結局口だけで何も出来やしないよ」
なんて知人Tに言っていた、俺が甘かった。

知人Tはどちらかというと、全部一人で背負うタイプの人間だ。
まず自分だけでなんとかしようとする。
結局、その辺の性格をつかれて、V氏にノイローゼ状態にまで追いつめられた。
どうにもならずに、俺ら「盛り上がっている輪の中で薄笑いズ」の所に顔を出したワケだが。

知人TはV氏とのゴタゴタを、家族にあまり伝えていない。
「ちょっと、変な事があってもめている」程度の説明だ。
親や兄弟はほとんど何も知らなかった。
というか、知られたくなかった。
余計な心配をかけたくなかった。

V氏はそこをついてきた。
こいつは知人Tの性格を熟知している。
熟知した上で、一番嫌がる事を実行してきた。

今日、何回か知人Tとメールラリーした。
今は返事待ちだ。
詳細がわかり次第、辺境ブログではあるが、このV氏の手口をネットに書く事にする。

V氏。
こういう人種は、世の中に何人ぐらいいるんだろうか?。

ふたたび高齢資格学生に戻った、おやじだ。

さて。
知人TとV氏とのゴタゴタだが、V氏の動きが止まっているみたいなんで、この辺にしておこうと思う。
どうして止まったんだろうか?。
まぁ、いいや。

知人TからV氏がどんな人物か聞いている。
見た目とか、趣味とか、暴走していないときの性格とか。
そこからどんな奴か分析していってやろうとも思ったが…もしこのまま、フェードアウトするなら別にな。

V氏がまたワケのわからん事をやってくるまでは、知人Tの独力でガンバってもらおうと思う。
縁を完全に切るも良し、反撃するも良し。
もちろん応援はするし、俺らなりに助言はするが…。
V氏がまたワケのわからん事をやって来た場合は、また日記に書く。
明日、何かしてきたら明日書く。

そういう事なのでよろしくな。(誰宛?)

えーと。
今回の知人TvsV氏の騒動について。
メール・掲示板・ミクシィ等々で助言してくれた方々…本当にありがとう。

知人Tから…。
色々ありすぎて、なかなか気持ちが落ち着かない状況でした。
みなさんの助言には大変感謝しております。
Oにも言われましたが、自分で対処出来るよう俺なりに頑張ります。

パソコンに転送して、それを日記にコピペしておいたぞ~。
検索するんじゃないぞ~。
見つけても知らない方向だぞ~っと。

色々、お騒がせしたッス。
あっ!。
いつもの、なんの取り柄もない日記は続ける予定。

今日はこの辺で。

週末派遣バイトから無事…げふぅ、おやじだ。

知人Tが不安がっている所。
法的手続きを踏まないで、弁護士費用を一部V氏に負担させていたのが、詐欺罪になるかどうか。
もう地元の警察にV氏の手がまわっているのではないか?。

この2点だ。

残念ながら、俺の知識ではハッキリと「それは罪にはならないよ」とは、言ってやれない。
警察からの電話は…V氏の知り合いか、探偵かなんでも屋でも雇ったか…どっちかだと思う。
仮に本当に知り合いでも、そんなに警察ってヒマなんだろうか?…と疑問に思う。
知人Tが芸能人とか、社会的に注目度の高い人間なら、まだわからんでもないが…。

それにしても、警察からの電話の内容。
「V氏のあなたに対する被害届けが受理されました。」
…なんて、電話がかかってくるんだろうか。
ご丁寧に脅し文句まで添えるか?。
俺は偽警察だと思うんだがなぁ。

ゴチャゴチャしとる。
あー、ゴチャゴチャしとる。
とても一人じゃ、処理しきれんわ。

俺のまわりで裁判を経験しているのは、ただ一人。
知人Kだ。

●交通事故で逆転裁判・知人Kを襲った悲劇
●知人Kの後日談

知人Kの裁判は、知人Tとはかなり内容が違うからなぁ。
でも、他に経験者がいない。
知人Kの知恵も借りて、なんとか対処していくしかない。

俺らなりに知人Tにアドバイスしてみた。
次に警察から電話がかかってきたら(ピー)するように。
また待ち伏せして、脅してきたら(ピー)するように。
一応こっちの手は伏せておこう。
なんとなくな。

週末派遣バイトから帰宅した、おやじだ。

今から数日前。
(V氏が知人Tに、直接怒鳴りちらした数日後)
突然、知人Tから携帯にSOSのメールが届いた。

今日、バイト先に警察から電話があった。
知人Tが電話に出ると、警察は名前を名乗り、次のような事を言ったという。

V氏のあなたに対する被害届けが受理されました。
現在捜査中で証拠が上がり次第立件します。
証拠が上がらなくても、どのような形でも罪にする事は出来ます。
一人でも犯罪者が減るにこしたことはありませんからね。

ちょっと待て。
本当に警察だったのか!?。
本当に受理されたのか!?。
あんな事言う奴の?。
そんなバカな。

おかしい。
絶対おかしいぞ。
大急ぎで検索サイトを開く。
俺には被害届けを出された経験がない。
だから「被害届けが受理されました。」なんて、警察から連絡があるのか、どうか知らない。

猛検索。

ダメだ。
Yahooオークションの詐欺関係しかヒットしない。
後は、受理されても警察は何もしれくれなかったとか…そういう内容。
くそっ、なんて俺は無知なんだ。

気が動転していたのか。
まだ本文はなりゆきの途中経過にもかかわらず、知人TからのSOSのメールの大まか内容を掲示板に書いてしまった。
…あのときは、ワケわからん事してスマンです。

ちょっと、割愛し過ぎたかな…、おやじだ。

俺「スマン…似た事例はないっぽい」

苦々しい思いで、知人Tにメール送信。
俺の検索の仕方がヘタクソなのか。
同じような事は、ネット上に存在しなかった。

知人T「インターネットでもダメなのか?」

短いが物凄く気落ちしている感じが、ヒシヒシと伝わる返信。

俺「インターネットを使って、調べる方法はまだある」

ネット上には、質問すると答えが返ってくる場所がいくつかある。
完全に第三者の良心に、身をゆだねる形になるが、もうなりふり構っていられない。
YahooやGoo等、そういうサービスがある事を教える。
ミクシィの事も言ってみるが、どう使って良いかわからない様子。

知人T「インターネットわからんし、俺は説明下手だし、変わりにやってくれないか?」

う…。
こんな話、どうやって一つの質問にするんだ。
俺には無理だ。

俺「…じゃあ、ネットを使った本当に最後の方法な」

俺がブログと呼ばれている日記を書いている事。
俺なんかの日記を、定期的に読んでくれている人達がいる事。
その中には俺より頭が良くて、人生経験豊富な猛者達がいる事。
「おやじ製鉄」の名は伏せておいたが、そんな感じの事を伝える。

知人T「なんだよ!。最初から言ってくれよ!!」

いやいや、こういうのは便利な面もあるが、危険な面もあるんだよ。
わかってんのかなぁ。
最初は知人Tに掲示板のアドレスを教えて、赤の他人のフリして俺に相談する形式にしようと思った。
でも、それだとナニかやらせ臭いし、知人Tに「おやじ製鉄」を知られる。
加えて知人Tが間違って、自分か俺の本名を書き込みそうで、ちょっと怖い。
第一、知人Tの「説明下手だし…」が解決しない。

…というワケで、なかば強引にココに公開する事になったワケです、ハイ。

どうすれば良いんだろうか?、おやじだ。

知人Tの専門学校時代の相方、V氏。
そのV氏がいきなり、知人Tの勤めていた店の同僚に襲いかかった。
V氏曰く「俺になんとかしてほしいと、言われた気がする」
店側の指示かどうか不明だが、同僚は知人Tを訴える。
V氏「頼まれた気がする」「頭が痛い」で責任回避。
知人T、店に居づらくなって失業。
様々な精神的苦痛を受け続けながらも、V氏に説得を続ける知人T。
そんな生活が半年程続いたある日。
V氏に襲われた元同僚が訴えを取り下げてくれる。
元同僚と知人T間で示談成立。
V氏の半年間の頭痛、いきなり治る。

そして…
実はV氏も弁護士費用を一部負担していた。

コレ。
コレが問題の所。

ある日。
知人Tのバイト帰りの道に、突然V氏があらわれた。

V氏「よぅ、偶然」
知人T「ん…あぁ…」

偶然なワケない。
絶対待ち伏せ。
(俺の予想では…だが)
うろたえる知人T。
V氏は感情が読み取れない、変な表情で近づいてきて、こう言い放った。

V氏「金返せやぁ、この詐欺師野郎がぁあぁ!!」

V氏の言い分はこうだ。

おまえは俺に暴れるように仕向けた。
うまく暴れさせて、金をせしめようとした。
俺に暗示をかけて、金を儲けた。
本来は法的手続きに基づいて、俺に金を払わせるべき事だ。
それを勝手にやったんだから詐欺罪だ。
詐欺じゃないと言うなら、今すぐ全額返還しろ。
いったん返還して、法的手続きをとってからなら払ってやる。
失業したのは俺のせいじゃない。おまえの意志が弱いからだ。
俺の実家は金持ちだから、いくらでも優良な弁護士が雇える。
優良な弁護士には、もう相談はしている。
俺は○○警察の知能捜査班の△△さんと知り合いだ。
ここで、おまえが自殺しても、俺は罪にはならないと○○警察の△△さんは言った。
こういう友達を裏切る悪徳な人間は、徹底的に痛めつけた方が良いと言ってた。
弁護士も言っていた。
おまえがもし、このままシラを切って重い罪になったら、もうどこにも就職出来なくなる。
おまえの両親も兄弟も仕事が出来なくなる。
今すぐ全ての罪を認め、警察に自首するなら、少しは罪が軽くなるようにしてやる。

後は「おまえの単独犯で間違いないな?」と何度も何度も、何かに取り憑かれたように連呼してきたという。
知人Tは「お…俺は別に誰とも…」としゃべりはじめて、途中で怖くなって早足で帰ったそうだ。

か…書いていて、また俺まで怖くなってきた。
理屈がメチャクチャ過ぎる。
本当にいい歳した大人が発した言葉なのか?。

えっと、法的に知人Tは本当に詐欺になるのかなぁ。
こんな辺境日記の、名も無き管理人の知人の話ではあるが、誰か何か知っていたら教えてほしい。

単発バイトから帰宅、おやじだ。

知人Tの専門学校時代の相方、V氏。
そのV氏がいきなり、知人Tの勤めていた店の同僚に襲いかかった。
V氏曰く「俺になんとかしてほしいと、言われた気がする」
店側の指示かどうか不明だが、同僚は知人Tを訴える。
V氏「頼まれた気がする」「頭が痛い」で責任回避。
知人T、店に居づらくなって失業。
様々な精神的苦痛を受け続けながらも、V氏に説得を続ける知人T。
そんな生活が半年程続いたある日。
V氏に襲われた元同僚が訴えを取り下げてくれる。
元同僚と知人T間で示談成立。
V氏の半年間の頭痛、いきなり治る。

この裁判の間、知人Tは弁護士費用を払い続けた。
貯金はすぐに底をついた。
精神的にも金銭的にも、もう限界にきていた。
特に精神面がかなりキテいる状況だったらしく、たまに呼吸の仕方を忘れるぐらいだったらしい。

このとき知人Tは、大きなミスをやらかしていた。

裁判中、知人Tが生活費と弁護士費用でガタガタになっている事を知って、V氏が動いた。
V氏「おまえが苦しんでいるのは俺もつらい。だから俺も金を出してやるよ。」
そして二人で力を合わせて、元同僚を倒そうと言い出したそうだ。
(というか最初に、こいつが暴れなければ何も…)

知人Tは感動と感謝を伝え、V氏から金を受け取った。

なんて事を。
そんな事したら、後々ゴチャゴチャするに決まっているじゃないか!!。
やっぱり爆弾野郎は爆弾野郎。
そんな奴の言う事なんか、絶対信用出来るモンじゃない。

晴れて無罪になった知人Tを見て、V氏は思ったんだろう。
「どうして、俺が金を払わなくちゃいけないんだ?!」と…。
このとき、V氏の中で様々な思いが巡りまくったと思う。
友情…疑念…助けてやったのに…金払わされた…。

V氏がどう思ったかは、あくまで予想だけどな。
あっ…。
いや、なんでもないデス。

とにかくV氏は知人Tに「助けてやったのに、裏切られた」と思ったらしい。
いよいよ爆弾野郎V氏のワケのわからない怒りが、知人Tに向けられる。

まだまとめ中の話を、そのまま書いてしまう…おやじだ。

知人Tの専門学校時代の相方、V氏。
そのV氏がいきなり、知人Tの勤めていた店の同僚に襲いかかった。
V氏曰く「俺になんとかしてほしいと、言われた気がする」
店側の指示かどうか不明だが、同僚は知人Tを訴える。
V氏「頼まれた気がする」「頭が痛い」で責任回避。
知人T、店に居づらくなって失業。
様々な精神的苦痛を受け続けながらも、V氏に説得を続ける知人T。

そして半年。

その半年間が知人Tにとって、どんなものだったのか…。
想像しただけで怖すぎる。

この半年間の話をしていた知人Tは、何度も泣き崩れた。
酒が入っていたとはいえ…相当なモンだったんだなと思う。
内容は混乱していたとはいえ、壮絶さは伝わった。
(ムゴすぎるので割愛)
そんな、ある日…

なんと、元同僚が訴えを取り下げてくれたんである。

突然の事だった。
知人T、本人も信じられなかったらしい。
示談の方向で話が進み、知人Tは罪人にならずに済んだ。
十分こらしめたって事なのかな。
知人Tは弁護士費用からも、有罪への不安感からも解放された。

全ては終わった。

…と、思ったら…実はここから本番だったりする。

V氏だ。
知人Tが全てから解放された直後。
なんと半年間続いたV氏の頭痛が、すっかり治ったりするんである。
どういう仕組みだ!?。その頭痛!!?。
元気全開になった爆弾野郎。
このまま、知人Tの人生からフェードアウトするような奴じゃなかった。

「裁判沙汰になるかもしれない」はこれからッス。
やっと、ここまで整頓できた。

↑このページのトップヘ